宮崎防火管理協議会since1987
ホームリンク集サイトマップお問い合わせ・申込フォーム
お知らせ
会長あいさつ
組織
年間事業計画
情報提供
リンク集
訓練用水消火器防火ビデオ等貸出
ホーム > 情報提供
情報提供
 
違反対象物の公表制度について
住宅用火災警報器に関するお知らせ
消火器に関するお知らせ
消防法令の一部改正について
天かす(揚げ玉)による火災発生の防止
 
 
平成18年1月及び2月に、宮崎市内の飲食店で「天かす」の放置を原因とする火災が発生し、それぞれ建物を全焼及び部分焼しています。
「天かす」が発火する過程及び発火危険環境等は次のとおりとなっておりますので、これらの内容を確認のうえ、「天かす」を取扱う場合は、日頃から十分ご注意いただきますようお願いします。
 
1. 自然発火する過程
・うどん、そば用の「天かす」の調理終了。(一般的に 180 度の油で調理)
・調理が終了時点で「天かす」をザル等に入れる。( 100 度以上の高熱の状態)
・「天かす」表面の天ぷら油のために空気との接触面積が増え、酸化反応が促進されて発熱する。(発火に必要な量は少ないもので 500 g、通常 4 〜 5 Kg。)
・ 2 時間〜 10 時間後に発火する。
 
2. 発火危険環境
・天ぷらを揚げる温度が高いほど発火危険がある。
・「天かす(揚げ玉)」が褐色になるほど加熱されているものがより危険である。
・「天かす(揚げ玉)」が小さく、量が多いものほど危険である。
・容器に詰めるなど、放熱環境が悪いほど危険である。
 
3. 出火防止策
・「天かす」を大量に貯めない。
・熱がこもるような容器に入れない。

・調理場を離れる際には、「天かす」が冷えていることを確認する。

・「天かす」は放置すれば冷却されるものではない、ということを認識する。

 
 
このページの一番上へ
 
 
ホームリンク集サイトマップお問い合わせ・申込フォーム